Kawasaki H2R~完成画像

<キットデータ>
作品No.:049
モデル名:Kawasaki H2R(カワサキ H2R)
メーカー:MENG MODEL(モンモデル)
スケール:1/9
全  長:230mm

<キットについて>
中国メーカーのMENG MODEL(モンモデル)がまたやってくれました(いい意味でw)

カワサキH2R自体はタミヤから1/12でキット化されていますが、今回モンモデルがリリースした同社初のバイクキットは1/12と1/6のちょうど間の 1/9スケールで、海外のメーカーでは古いバイクとかのキットは見かけますが、新しい車種ではほとんど見られないスケールです。

更に今回のキットは、プリペイントと未塗装バージョンの二本立てとなっており、ユーザーのスキルに合わせて選べる仕様となっています。プリペイントモデルはカウルのメッキはもちろんカーボンパターンがパーツに印刷されているようです。また、接着剤不要で勘合とねじ止めでどんどん組み立てられるというところもポイントとなってます。

<製作について>
今回は未塗装バージョンを選択しました。
値段も安いし、プリペイントが気に入らなくて剥離するなんてなったら二度手間だし。

主な工作は以下のとおり
・エンジン周辺パーツのナットを同社のAFV用汎用ナットパーツを使って再現
・タンクとサイドカウル、リアカウルのメッキ表現はAG(銀)メッキ塗装
・チェーンをモデルファクトリーヒロのエッチングパーツに置き換え
・スプロケットを3Dモデリングしてプリントサービスで作成
・マフラーのメッキ塗装はガイアノーツのプレミアムメッキシルバー
・マフラーの焼け表現 ・フレームはプレミアムメッキシルバーを下地にクリアグリーンでキャンディー塗装
・アッパーカウルなどのカーボンは付属のデカールを貼り付け仕上げにクリアコート(フィニッシャーズ)

<感想>
モンモデル初のバイクキットでしたが、なかなか意欲的で評価できる内容だったと思います。まあ、せっかくのビッグスケールなのにパーツの分割に?が付く箇所やディティールの足らない部分はいくらかありましたが・・・

モデラーとして出戻ってから初のバイクモデルでしたが、海外製品でスケールが1/9と、なんだかドツボにはまる要素がたぶんにあった上に、エッチングのチェーンを大枚はたいて買っちゃったり、初の3Dプリントにもチャレンジしちゃったりと、我ながら後先考えないやつだなぁ~と思いましたが、どうにかこうにか完成しちゃえば、非常に楽しめるキットでした。

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:2秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル