Ford F-350 -SUPER DUTY CREW CAB-

<DATA>
Item No.:060
Model:Ford F-350 -SUPER DUTY CREW CAB-
(フォード F-350 スーパー・デューティー・クルー・キャブ)
Maker:MENG MODEL
Scale:1/24
Length:277mm

<キットについて>
 MENG MODEL(モン・モデル)のフォード F-350です。
 同社の1/24カーモデル第一弾としてリリースされた大変意欲的なモデルで、開閉はボンネットとリアゲートにとどまりますが、エンジン→トランスミッション→ドライブシャフト→足回りなどのドライブトレインからマフラーの取り回しなど、シャーシの再現度は秀逸です。一体成型のラダーフレームは圧巻!内装の作りこみも中々のもの。とても第一弾とは思えない内容です。

<製作について>
主な工作
・ボンネットの開閉ダンパーは真鍮パイプと洋白線に置き換え。勘合部に収縮チューブをかませ、摺動抵抗を増して開状態でキープできるようにした
・フロントグリルとバンパーはメッキを剥離し、カーボンデカール貼り
・グリルにはルーバーのパーツを付けるようになっていたが、六角メッシュに置き換えて中が見えるようにしてみた(見えないけど・・・)
・タイヤはゴツい感じにしたかったので、タミヤの1/35機動戦闘車から流用(サイズが丁度よかった)
・リアのシャーシにヒッチメンバーを取り付け、アオシマのブライアン・ジェームス・トレーラーを牽引できるようにした。電装コードも追加
・トレーラーには前作のマスタングを載せ、ハイライト・モデルスの1/24ラチェットベルトセットを使って固定ベルトを再現

ボディ塗装
前作・前々作のフォードパフォーマンスの赤青白のトリコロールに合わせて塗りわけ。デカールはマスタングのものとGT-LMで余ったものを使った
ピュアホワイト(フィニッシャーズ)→MGパール(雲母堂本舗)→マイカブルー(タミヤ)→マイカレッド(タミヤ)→オートクリア(フィニッシャーズ)
製作記まとめ

<感想>
 非常によく出来たキットで、パーツ数が多い割には、塗装が終わればサクサク組み立てられました。前にも書きましたが、シャーシ側の出来がすばらしく、ボディを被せてしまうのが勿体無いぐらいでした。
 そして、とにかくデカいです。まさにアメリカン・トラックの代名詞に恥じないたたずまい。そこにトレーラーを引かせたもんだから、全長は約55cm!狭い撮影スペースでは、アングルが限定されて非常に苦労しました。ピントもどんなに絞っても全域に合わせることは出来ず・・・とにかくデカいですw

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09,タムロン17-50mm f2.8 A16
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:1.6秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル