Ford F-350 -SUPER DUTY CREW CAB-

<DATA>
Item No.:060
Model:Ford F-350 -SUPER DUTY CREW CAB-
(フォード F-350 スーパー・デューティー・クルー・キャブ)
Maker:MENG MODEL
Scale:1/24
Length:277mm

<キットについて>
 MENG MODEL(モン・モデル)のフォード F-350です。
 同社の1/24カーモデル第一弾としてリリースされた大変意欲的なモデルで、開閉はボンネットとリアゲートにとどまりますが、エンジン→トランスミッション→ドライブシャフト→足回りなどのドライブトレインからマフラーの取り回しなど、シャーシの再現度は秀逸です。一体成型のラダーフレームは圧巻!内装の作りこみも中々のもの。とても第一弾とは思えない内容です。

<製作について>
主な工作
・ボンネットの開閉ダンパーは真鍮パイプと洋白線に置き換え。勘合部に収縮チューブをかませ、摺動抵抗を増して開状態でキープできるようにした
・フロントグリルとバンパーはメッキを剥離し、カーボンデカール貼り
・グリルにはルーバーのパーツを付けるようになっていたが、六角メッシュに置き換えて中が見えるようにしてみた(見えないけど・・・)
・タイヤはゴツい感じにしたかったので、タミヤの1/35機動戦闘車から流用(サイズが丁度よかった)
・リアのシャーシにヒッチメンバーを取り付け、アオシマのブライアン・ジェームス・トレーラーを牽引できるようにした。電装コードも追加
・トレーラーには前作のマスタングを載せ、ハイライト・モデルスの1/24ラチェットベルトセットを使って固定ベルトを再現

ボディ塗装
前作・前々作のフォードパフォーマンスの赤青白のトリコロールに合わせて塗りわけ。デカールはマスタングのものとGT-LMで余ったものを使った
ピュアホワイト(フィニッシャーズ)→MGパール(雲母堂本舗)→マイカブルー(タミヤ)→マイカレッド(タミヤ)→オートクリア(フィニッシャーズ)
製作記まとめ

<感想>
 非常によく出来たキットで、パーツ数が多い割には、塗装が終わればサクサク組み立てられました。前にも書きましたが、シャーシ側の出来がすばらしく、ボディを被せてしまうのが勿体無いぐらいでした。
 そして、とにかくデカいです。まさにアメリカン・トラックの代名詞に恥じないたたずまい。そこにトレーラーを引かせたもんだから、全長は約55cm!狭い撮影スペースでは、アングルが限定されて非常に苦労しました。ピントもどんなに絞っても全域に合わせることは出来ず・・・とにかくデカいですw

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09,タムロン17-50mm f2.8 A16
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:1.6秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル

Ford MUSTANG GT4 – Custom –

<DATA>
Item No.:059
Model:Ford MUSTANG GT4
(フォード マスタング GT4)
Maker:Tamiya
Scale:1/24
Length:200mm

<キットについて>
 タミヤのスポーツカーシリーズのフォード マスタング GT4です。
 一つ前の投稿のマスタングと同時進行で製作しました。
 こちらは雰囲気を変えてロードカーチックに仕上げてみました。

<製作について>
主な工作
・ウィングは使わず、ダックテール風のスポイラーをエポキシパテで作って装着
・フロントのカナードや大型リップスポイラーは未装着(カナード取り付けの凹みは塞いだ)大型リップスポイラーの変わりにアンダーパネルをずらして取り付け、小型のリップスポイラーのようにしてみた
・リアの給油口、ルーフのエアジャッキバルブ、シャーシのエアジャッキ、内装の消化器類などを削除
・ホイールはフォードGT用のものに換装。それに合わせて足回りを調整
・シートは控えめなバケットシートに交換
・シートベルトをエッチングとシート素材に置き換え
・メッシュ部分は超つや消しブラックの「黒色無双」剥がしで、穴の部分を超つや消し状態にすることで穴が開いているような表現をしてみた

ボディ塗装
ボディ:ディープイエロー(フィニッシャーズ)
ストライプ:シェルホワイト(フィニッシャーズ)→ハーマンレッド(クレオス)
クリアコート:オートクリア(フィニッシャーズ)
ボンネット/ルーフ/トランク:カーボンデカール(平織り細めタミヤ製)→研ぎ出し後にフラットコート(フィニッシャーズ)でつや消し仕上げ
製作記まとめ

<感想>
 前の投稿のトリコロールと同時進行でしたが、非常に作りやすかったので感覚的には1.5台くらいに感じました。とは言え、つや消しコートでマスキングしたはずのつや有り部分が曇ってしまうといったトラブルがあり、もたつきましたがそれでも全然スムーズだったと思います。

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:1.3~1.6秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル

Ford MUSTANG GT4 – Ford Performance –

<DATA>
Item No.:058
Model:Ford MUSTANG GT4
(フォード マスタング GT4)
Maker:Tamiya
Scale:1/24
Length:203mm

<キットについて>
 タミヤのスポーツカーシリーズのフォード マスタング GT4です。
 前作のフォードGT-LMの製作後半に発売されたのでフォードつながり(?)ということで即購入しました。
 シャープなフォードGTと違い、アメ車らしいマッスルボディがたまりませんw

<製作について>
主な工作
・主な空力パーツにカーボンデカール貼り(一部キット付属)
・シートベルトをエッチングとシート素材に置き換え
・メッシュ部分は超つや消しブラックの「黒色無双」を全体に吹いてから網の部分の塗料を剥がし、穴の部分を超つや消し状態にすることで穴が開いているような表現をしてみた

ボディ塗装
GT-LMの赤青白のトリコロールに合わせて塗りわけ。デカールはキットのものとGT-LMであまったものを使った
ピュアホワイト(フィニッシャーズ)→MGパール(雲母堂本舗)→マイカブルー(タミヤ)→マイカレッド(タミヤ)→オートクリア(フィニッシャーズ)
製作記まとめ

<感想>
 最新(2020年上期時点)のタミヤキットということで非常に作りやすい良キットでした。特にボディへのパーツ取り付けがとにかくストレス・フリー。パーツの糊代がちゃんと用意されていて、ボディへの接着では普段余り使わない流し込み接着剤が、普通に使えサクサク作業が進みました。
  組みあがったときの車高やキャンバー、タイヤの面一状態など無調整でしっかりとしたたたずまいに仕上がるところは、流石というほかありません。
 念願だったフォードGT-LMとのトリコロール兄弟(?)の写真も撮れて大変満足できる製作でした。

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:1.6秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル

Ford GT – Le Mans 2018 –

<キットデータ>
作品No.:057
Model:Ford GT – Le Mans 2018 – #67
(フォード GT – ル・マン24時間2018年仕様 – 67号車)
Maker:Tamya(Body) & Revel(Chassis )
Scale:1/24
全  長:204mm

<キットについて>
 タミヤのスポーツカーシリーズ・フォードGTとレベルのフォードGT-LMをニコイチで製作しました。
 両方のキットを並べてどちらにしようか悩んでいる最中に、ちょっとした興味本位で両キットのボディのあちこちを比較していたところ、何か合体できるかも・・・というところから始まりました。
 ボディはシャープなタミヤをメインに使用し、シャーシ側はレース仕様の内装はもちろん、エンジンまでしっかり再現されているレベルのキットを使用しました。

<製作について>
主な工作は以下のとおり
-ボディ(タミヤ改造)-
・フロントバンパーはパテを盛って形状変更。補助灯追加
・リア周りはフェンダーを拡幅し、それに合わせバンパーも形状修正。 リアウィング用のステーを取り付ける溝を追加。ノーマルのマフラー の排気口は塞いでディティール追加(たぶんオンボードカメラ)
・ボディのあちこちにあるダクトはレベルのボディから移植したり新造したり
・カウルのファスナーやフェールキャップ、サイドの補助灯など、ボディと面一になる部分をザグリ加工
・ノーマルには無いパネルラインを追加
・ライトは内部を形状修正。ライト自体はレベルから持ってきて、ネイルアート用半球パーツでLEDアレイっぽく表現
・サイドウィンドウは枠のモールドをすべて削り飛ばし再研磨
・リベット類はすべて金属のブラインドリベットをに置き換え
・アンテナ類は洋白線を芯に先端やベースは瞬着を盛って成型

-シャーシ(レベル使用)-
・リアのディフューザーはすべて切り飛ばしてプラ板で作り直し
・タイヤはキットの形状がひどかったのでジャンクから流用
・真後ろから丸見えになる部分にフレームを追加
・内装はカーボン仕上げにし、それらしくパイピング
・シートベルトはエッチングパーツ使用
・安全用のネットはシートベルト用リボンで置き換え。ダッシュボードへの取り付け部も再現
・カーボンと思われる部分は可能な限りカーボンデカール貼り付け
・マフラーは金属パイプで作り直し

-その他-
・スタジオ27のエッチングパーツ(レベル対応)使用
・デカールはシュンコー製2018年仕様を使用
・ボディ塗装
ピュアホワイト(フィニッシャーズ)→マイカブルー(タミヤ)→クランベリーレッドパール(クレオス)→オートクリア(フィニッシャーズ)
製作記まとめ

<感想>
 ほとんど勢いで始めてしまったニコイチ製作。何とか完成させることが出来、自分の中でもかなり満足できるものに仕上がってほっとしました。
  タミヤのボディを使うことが正解ということは無く、レベルのボディも(きちんと手を入れれば)、かっこよく仕上がっている作例をたくさん拝見しているので、今回は完全に自己満足の世界に浸った製作となっています。
 ただ、冷静になって振り返ってみると、消費キット2個、エッチングパーツ、社外デカール、金属リベット、大量のカーボンデカール、等々・・・約一諭吉の投資となってしまいました。(完成したからまだよかった)

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:1.6秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル

MINERVA (CRUSHER JOE)

<キットデータ>
Work No.:056
Model:MINERVA (CRUSHER JOE)
(ミネルバ – クラッシャー・ジョウ)
Maker:HASEGAWA(ハセガワ)
Scale:1/400

<製作について>
主な工作は以下のとおり
・ミネルバ自体は素組みで、塗装を頑張ったw
・付属のファイターは、型抜きの関係で埋まっている部分を掘って整形
・付属のガレオンは・・・これも塗装を頑張ったw
・ファイターの固定支柱を洋白線で作ってミネルバの台座に固定
・船体の塗装
パネルラインに濃いグレー→グランプリホワイト(クレオス)で面を中心に吹きつけ→ホワイトでぼかして仕上げ

<画像加工>
撮影したあと、一部の画像は後加工でファイターの支柱を消したり、黒い背景と影の部分を黒でつぶれるように調整して、それっぽい感じに仕上げてみました。(撮影時に照明を減らしてなるべく背景がテカらないようにすることも大事)

PORSCHE 934 TURBO RSR Vaillant

<キットデータ>
作品No.:053
Model:PORSCHE 934 TURBO RSR Vaillant
(ポルシェ934ターボRSR ヴァイラント)
Maker:Tamya(タミヤ)
Scale:1/24
全  長:179mm

<キットについて>
 タミヤのスポーツカーシリーズ・ポルシェ934ターボです。 グリーンで「ウサギ」のマークのヴァイラント仕様で、これのちょっと前に発売されたオレンジで「鹿」のマークのイェガーマイスターのカラーバリエーションです。
パーツ数はそんなに多くは無いですが、カルトグラフのデカールに標準でエッチングパーツが奢られるなど、内容は充実しています。

<製作について>
主な工作は以下のとおり
・モールドはほぼ全面的に深堀&幅を修正
・ボンネット上の給油口の蓋などは、切り飛ばして金属板で置き換え
・エンブレムは削り飛ばしてプラ板で置き換え。
(デカール貼ってUVジェル盛り)
・シートベルトをエッチングパーツに置き換え
・メーターはデカール貼っておしまいのところをリングや透明シートを追加
・ダッシュボードにキルスイッチなどを追加
・ホイールはメッキを落として塗装しなおし
・ドアノブのボタンを金属パーツに置き換え
・ボディ塗装
※成型色のグリーンを生かすため、下地にサフは吹いていません。
調色グリーン(ガイアノーツ)→オートクリア(フィニッシャーズ)
製作記まとめ

<感想>
 今回は、静岡ホビーショー2020で所属するクラブのお題として製作しました。仲間のレベル版934と並べるというもくろみもあったのですが、残念なことに中止となってしまいました。お披露目は2021年に持ち越しです。
 途中、クリアコートの際にデカールからの色の染み出しというトラブルに見舞われましたが、マスキングしてデカール部分を塗装しなおすことで何とかリカバリー 出来ましたが、かなり無駄な時間を食ってしまいました。いつになってもこういったトラブルが無くなりません・・・。

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:1.6秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル

Suzuki GSX-R750(G) 1986

<キットデータ>
作品No.:052
モデル名:Suzuki GSX-R750(G) 1986
(スズキ GSX-R750(G) 1986年仕様)
メーカー:Hasegawa(ハセガワ)
スケール:1/12
全  長:177mm

<キットについて>
 ハセガワのバイクシリーズ、1986年仕様のスズキGSX-R750Rです。
ハセガワならではの実車を忠実に再現した、こだわりとパーツてんこ盛りの内容となっています。

<製作について>
主な工作は以下のとおり
・フレームやスイングアームの内側の肉抜き部をパテ埋め
・カウルのねじ部をすべてハイキューパーツのブラインドリベットに置き換え
・足回りはタミヤのZX-12Rから移植。ノーマルと交換可能
・マフラーはフジミの8耐GSX-Rから流用。ノーマルと交換可能
・リアカウルをシングルシート化
・パイプ類はタミヤのアフターパーツの0.8mmコードを使用
・カウルはすべて着脱可能。一部マグネットを埋め込んでいる
・カウルの塗装
ピュアホワイト(フィニッシャーズ)→ブルーFS15044(クレオス)→オートクリア(フィニッシャーズ)
製作記まとめ

<感想>
 今回は、ノーマル仕上げのほかにカスタムでも遊んでみました。その昔、実車でも十数年経ったバイクに新型の純正パーツを組み付けるカスタムが流行っていたので、その気分を味わうことが出来ました。
 バイクモデルは意外とこんな感じで遊べるので、これからも時々作っていこうと思います。

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:1.6秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル

Lamborghini HURACAN Performante

<キットデータ>
作品No.:051
モデル名:Lamborghini HURACAN Perforante
(ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ)
メーカー:Aoshima(アオシマ)
スケール:1/24
全  長:187mm

<キットについて>
 アオシマのスーパーカーシリーズのランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテです。ノーマルウラカンのキットに専用のフロントノーズやウイング、リアディフィーザー、専用ホイールなどが追加された内容となっています。

<製作について>
主な工作は以下のとおり
・純正エッチングパーツ使用
・車高やキャンバー角などを微調整
・内装のシートの六角形模様を塗装で再現(六角のエッチングメッシュを利用)
・外装や内装に使われているフォージドコンポジットの部分を塗装で再現(ブラックの上からスポンジでシルバーを押し付け)
・ウィンドウは内側からクリアブルーを塗装してガラスっぽく
・ボディの塗装
蛍光グリーン(クレオス)→MGパール(雲母堂本舗)→オートクリア(フィニッシャーズ)
製作記まとめ

<感想>
 今回は、ほぼキットなりの製作となりましたが、 塗装での表現にこだわってみました。フォージドコンポジットの部分は、意外と簡単に出来て、それでいて本物っぽくなったかなと思います。シートの六角模様は再考の余地ありですが、チラッと見えるぐらいであれば上等かなと。
前作のウラカンLBWKとツーショット写真を撮りましたが、並べると車高の違いが際立ちますw

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:1.6秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル

LB PERFORMANCE Lamborghini HURACAN

<キットデータ>
作品No.:050
モデル名:Lamborghini HURACAN+LB PERFORMANCE Kit
(ランボルギーニ・ウラカン+Liberty Walk パフォーマンスキット)
メーカー:Aoshima+Hobby DESIGN(アオシマ+ホビーデザイン)
スケール:1/24
全  長:190mm

<キットについて>
アオシマのスーパーカーシリーズのランボルギーニ・ウラカンです。今回はこちらにホビーデザイン(以下HD)のLiberty Walk(以下LB)パフォーマンスのコンバージョンキットを組み込んで製作しました。 コンバージョンキットにはレジン製オーバーフェンダーや各エアロパーツ、専用ホイール&タイヤ、ローダウンパーツ、エッチングパーツ、専用デカールなどなど内容はてんこ盛り。その分お値段も中々のものでしたが・・・(汗)

<製作について>
レジンパーツを組み込むということで多少いつもと違った工作となりました。とはいえレジンパーツの下処理さえ済めばあとはいつも通り。

主な工作は以下のとおり
・オーバーフェンダーは先にボディに接着(大きな修正は必要なし)
・オーバーフェンダーのリベットのモールドは削り飛ばして、ハイキューパーツのスチールボール0.5mmに置き換え
・LBのエアロパーツはカーボンデカール仕上げ
・足回りのキャンバー角やタイヤのフェンダーへのめり込み具合は、かなり調整が必要だった
・ボディの塗装はLBのマルティーニカラーアヴェンタドールを参考にし、ストライプはすべて塗装で再現。マルティーニのデカールはビラージュデカールの マルティーニ 汎用デカール
・内装塗装は上記車両を参考になんとなく想像で塗り分け
・タイヤのロゴは、付属のステンシルを使用
・ウィンドウは内側からクリアブルーを塗装してガラスっぽく

<感想>
今回は、大枚を叩いて初めてHD社のコンバージョンキットを組み込んでみましたが、中々内容が盛りだくさんで、組み立てには多少調整が必要でしたが、完成したらものすごくカッコイイ一台が出来上がったので非常に満足しております。エッチングも充実していたので、純正のエッチングパーツセットは、マフラーカッターとエンブレム、メタルインレットしか使いませんでした。

塗装については、久々にストライプ塗りわけを実施しましたが、何とかうまくいって、マスキングを剥がした直後はニヤニヤが止まりませんでしたw でも、かなり頑張っちゃったのでしばらくおなかいっぱいです。

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:1.6秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル