LB-WORKS Lamborghini AVENTADOR -MONSTER ENERGY-

<キットデータ>
作品No.:063
モデル名:LB-WORKS Lamborghini AVENTADOR
(LBワークス・ランボルギーニ・アヴェンタドール)
メーカー:Aoshima+Hobby DESIGN(アオシマ+ホビーデザイン)
スケール:1/24
全  長:203mm

<キットについて>
アオシマのスーパーカーシリーズのランボルギーニ・アヴェンタドールにホビーデザイン(以下HD)のLiberty Walk(以下LB)コンプリートボディキットを組み込んで製作しました。 HDのボディキットにはレジン製オーバーフェンダーや各エアロパーツ、専用ホイール&タイヤ、エッチングパーツ、専用デカールなどなど内容はてんこ盛りです。ウラカンのときと同様に値段はキットの約3倍(汗)

<製作について>
レジン製のパーツをボディに組み込むところから入りますが、今回はフロントのバンパーがそっくりそのまま交換ということで、ちょっとトランスキット的な要素もありました。

主な工作
・キットのバンパーを切り飛ばして、HDのレジンパーツに置き換え
・オーバーフェンダーは先にボディに接着(大きな修正は必要なし)接合面のモールを0.3mmプラ棒で再現
・オーバーフェンダーのリベットのモールドは削り飛ばして、ハイキューパーツのスチールボール0.5mmに置き換え
・足回りのキャンバー角やタイヤのフェンダーへのめり込み具合は、かなり調整が必要だった。
(ウラカンのときのようにローダウンパーツなし。)
・ドアやエンジンフードの開閉機構はキットなりだが、真鍮パイプと洋白線でダンパーを作り接合部に収縮チューブを被せて摺動摩擦で開状態を保持するようにした。
・内装塗装は妄想で塗り分け
・ウィンドウは内側からクリアブルーを塗装してガラスっぽく

ボディの塗装
今回はボディは塗装ではなく全面カーボン仕上げとし、汎用のモンスターエナジーデカールで仕上げました。実車にも存在するデザインです。
①ボディの構成面ごとに方眼タイプのマスキングシートを貼って型取り
②方眼の目に合わせてカーボン目の方向に線を引く。このとき、隣り合う面のカーボン目が90度の関係になるように配置する
③型のマスキングシートを元にカーボンデカールを切り出し
④ひたすら貼り付け
⑤カーボン貼り付け後モンスターエナジーのデカールを貼り付け、HDのキットに付属のデカールもそれらしく貼り付け
カーボン貼り記事
何度かクリアーコートしてデカールの段差を消し、最後にクレオスのGXつや消し(スーパー・スムース・クリアー)で仕上げ、一部のボディパーツはアクセントとしてグロスのブラックとしました。

製作記まとめ

<感想>
今回は、HDのボディキットと全面カーボンデカール仕上げという、かなりボリュームのある製作でしたが、カーボンデカールを一枚貼る度に’ボディがカーボン模様に包まれていく感覚は、なかなか萌えるものがありました(変態ではないw)まあ、「もう一度やれ」と言われたらやりませんが。目の方向の決め方は、今回の製作で得るものがあったので、今後のカーボン貼り工作に生かせそうです。
 アオシマのアヴェンタドールは今回で3台目で、使用したのは再販された一番最初のキット。ちょっとドアのチリとかが微妙だったりしました。ヒンジの機構も初期のまま。50thアニバルサリオは型変更されて改善されていたので、再販時に反映してくれてれば、もうちょっと楽だったかもしれないです。(言うのは簡単)

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09,タムロン17-50mm f2.8 A16
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:1.3~1.6秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル

McLaren SENNA -Marlboro-

<DATA>
Item No.:062
Model:McLaren SENNA -Marlboro-
(マクラーレン・セナ -マルボロ-)
Maker:TAMIYA
Scale:1/24
Length:198mm

<キットについて>
 最近、マクラーレンの箱車といえばアオシマ/フジミ/レベルといったところが思い浮かびますが、漸くタミヤから出たのがこのキット、マクラーレン・セナです。
 内容は、エンジンから足回り・空力構造再現など、盛りだくさん仕様でとなっています。
また、極力塗りわけが少なくなるようなパーツ割り、透明パーツの取り付けは接着不要(他のパーツで挟み込む)など、随所に組みやすさを追求した構成が見受けられます。

<製作について>
キットについては、ほとんど弄るところが無いので塗装で頑張りましたw
マクラーレン・セナとくればマルボロってことでボディはおのずとマルボロカラーになり、マーキングもF1でマクラーレンが16戦15勝してセナがチャンピオンに輝いたMP4/4をイメージしたデカールを使って仕上げました。
主な工作
・ボディのパーツにカーボンデカール貼り
・ボディのデカールはホビーデザイン製のMP4/7用を使用
・内装もボディカラーに合わせて白と赤で塗りわけ。

ボディ塗装
ボディ:ピュアホワイト(フィニッシャーズ)→ハーマンレッド(クレオス)→蛍光レッド(クレオス)
    →オートクリア(フィニッシャーズ)
カーボン部:スーパーフラットコート(フィニッシャーズ)

製作記まとめ

<感想>
 複雑なボディ形状を再現するためボディがバラバラ、シャーシも塗りわけを少なくするためバラバラととにかくパーツ数が多かったので、塗装の際の餅手の数が足らなくなり急遽追加する事態になりましたw。でも、塗装後の組み立ては面白いようにパーツが組み合わさっていき、どんどん形になっていくので非常に楽しかったです。
 透明パーツが接着剤が不要というのは、これはカーモデルとしては革命的なことかもしれないと思いました。これから出るキットは全部これにしてほしいw

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09,タムロン17-50mm f2.8 A16
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:1.3~1.6秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル

HUMMERH1 -MONSTER ENERGY-

<DATA>
Item No.:061
Model:HUMMER H1  -MONSTER ENARGY-
(ハマー H1 -モンスターエナジー-)
Maker:MENG MODEL
Scale:1/24
Length:203mm

<キットについて>
 MENG MODEL(モン・モデル)のハマーH1です。
 同社の1/24カーモデル第二弾としてリリースされたモデルで、前作のF-350と同様、エンジン→トランスミッション→ドライブシャフト→足回りなどのドライブトレインからマフラーの取り回しなど、再現度は抜群です。内装の作り込みはさらにグレードアップしています。ボンネットのほか、ドアもすべて開閉式となっています。

<製作について>
モンスターエナジーの汎用デカールを使用して、ボディ塗装に重点をおいて製作しました。
主な工作
・開閉式のドアの固定には、マグネットを使用
・リアの荷室ドアは別パーツだったけど開閉選択式だったので、ヒンジを追加して開閉式に変更
・全体の雰囲気を少しマイルドにするため、ボディサイドの凹みを埋めてフラットにした。また、リベットなどもすべて削り飛ばした。
・タイヤにモールドされたBFGのロゴが大人の事情で「なんちゃってスペル」になっていたので、削り飛ばして汎用デカールを貼り付け

ボディ塗装
ボディ:GXメタルブラック(クレオス)
    オートクリア→スーパーフラットコート(フィニッシャーズ)
ルーフ:フォージドコンポジット風に仕上げ
    (ブラック下地にエナメルシルバーをスポンジで軽くスタンプ)
製作記まとめ

<感想>
 前作のF-350同様、中身まで楽しめる非常によく出来たキットでした。ボディが複数のパーツに分かれている上にドアの開閉も出来るとあって、仮組みを入念にする必要がありましたが、それ以外はサクサク組み立てられました。
 完成すると、とにかく車幅がすごいです。普通車の1.5倍くらいあります。ルーフなんか広すぎて単色で塗ってしまうと単調になってしまいそうですが、今回はフォージドコンポジット仕上げとモンスターエナジーデカールで派手派手に出来ました。(ちょうどよいキャンパスw)
今回の製作で同社の1/24のカーモデルはコンプリートしましたが、同社にはこれからもどんどんリリースしていってほしいです。

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09,タムロン17-50mm f2.8 A16
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:1.6秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル

Ford F-350 -SUPER DUTY CREW CAB-

<DATA>
Item No.:060
Model:Ford F-350 -SUPER DUTY CREW CAB-
(フォード F-350 スーパー・デューティー・クルー・キャブ)
Maker:MENG MODEL
Scale:1/24
Length:277mm

<キットについて>
 MENG MODEL(モン・モデル)のフォード F-350です。
 同社の1/24カーモデル第一弾としてリリースされた大変意欲的なモデルで、開閉はボンネットとリアゲートにとどまりますが、エンジン→トランスミッション→ドライブシャフト→足回りなどのドライブトレインからマフラーの取り回しなど、シャーシの再現度は秀逸です。一体成型のラダーフレームは圧巻!内装の作りこみも中々のもの。とても第一弾とは思えない内容です。

<製作について>
主な工作
・ボンネットの開閉ダンパーは真鍮パイプと洋白線に置き換え。勘合部に収縮チューブをかませ、摺動抵抗を増して開状態でキープできるようにした
・フロントグリルとバンパーはメッキを剥離し、カーボンデカール貼り
・グリルにはルーバーのパーツを付けるようになっていたが、六角メッシュに置き換えて中が見えるようにしてみた(見えないけど・・・)
・タイヤはゴツい感じにしたかったので、タミヤの1/35機動戦闘車から流用(サイズが丁度よかった)
・リアのシャーシにヒッチメンバーを取り付け、アオシマのブライアン・ジェームス・トレーラーを牽引できるようにした。電装コードも追加
・トレーラーには前作のマスタングを載せ、ハイライト・モデルスの1/24ラチェットベルトセットを使って固定ベルトを再現

ボディ塗装
前作・前々作のフォードパフォーマンスの赤青白のトリコロールに合わせて塗りわけ。デカールはマスタングのものとGT-LMで余ったものを使った
ピュアホワイト(フィニッシャーズ)→MGパール(雲母堂本舗)→マイカブルー(タミヤ)→マイカレッド(タミヤ)→オートクリア(フィニッシャーズ)
製作記まとめ

<感想>
 非常によく出来たキットで、パーツ数が多い割には、塗装が終わればサクサク組み立てられました。前にも書きましたが、シャーシ側の出来がすばらしく、ボディを被せてしまうのが勿体無いぐらいでした。
 そして、とにかくデカいです。まさにアメリカン・トラックの代名詞に恥じないたたずまい。そこにトレーラーを引かせたもんだから、全長は約55cm!狭い撮影スペースでは、アングルが限定されて非常に苦労しました。ピントもどんなに絞っても全域に合わせることは出来ず・・・とにかくデカいですw

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09,タムロン17-50mm f2.8 A16
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:1.6秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル

Ford MUSTANG GT4 – Custom –

<DATA>
Item No.:059
Model:Ford MUSTANG GT4
(フォード マスタング GT4)
Maker:Tamiya
Scale:1/24
Length:200mm

<キットについて>
 タミヤのスポーツカーシリーズのフォード マスタング GT4です。
 一つ前の投稿のマスタングと同時進行で製作しました。
 こちらは雰囲気を変えてロードカーチックに仕上げてみました。

<製作について>
主な工作
・ウィングは使わず、ダックテール風のスポイラーをエポキシパテで作って装着
・フロントのカナードや大型リップスポイラーは未装着(カナード取り付けの凹みは塞いだ)大型リップスポイラーの変わりにアンダーパネルをずらして取り付け、小型のリップスポイラーのようにしてみた
・リアの給油口、ルーフのエアジャッキバルブ、シャーシのエアジャッキ、内装の消化器類などを削除
・ホイールはフォードGT用のものに換装。それに合わせて足回りを調整
・シートは控えめなバケットシートに交換
・シートベルトをエッチングとシート素材に置き換え
・メッシュ部分は超つや消しブラックの「黒色無双」剥がしで、穴の部分を超つや消し状態にすることで穴が開いているような表現をしてみた

ボディ塗装
ボディ:ディープイエロー(フィニッシャーズ)
ストライプ:シェルホワイト(フィニッシャーズ)→ハーマンレッド(クレオス)
クリアコート:オートクリア(フィニッシャーズ)
ボンネット/ルーフ/トランク:カーボンデカール(平織り細めタミヤ製)→研ぎ出し後にフラットコート(フィニッシャーズ)でつや消し仕上げ
製作記まとめ

<感想>
 前の投稿のトリコロールと同時進行でしたが、非常に作りやすかったので感覚的には1.5台くらいに感じました。とは言え、つや消しコートでマスキングしたはずのつや有り部分が曇ってしまうといったトラブルがあり、もたつきましたがそれでも全然スムーズだったと思います。

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:1.3~1.6秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル

Ford MUSTANG GT4 – Ford Performance –

<DATA>
Item No.:058
Model:Ford MUSTANG GT4
(フォード マスタング GT4)
Maker:Tamiya
Scale:1/24
Length:203mm

<キットについて>
 タミヤのスポーツカーシリーズのフォード マスタング GT4です。
 前作のフォードGT-LMの製作後半に発売されたのでフォードつながり(?)ということで即購入しました。
 シャープなフォードGTと違い、アメ車らしいマッスルボディがたまりませんw

<製作について>
主な工作
・主な空力パーツにカーボンデカール貼り(一部キット付属)
・シートベルトをエッチングとシート素材に置き換え
・メッシュ部分は超つや消しブラックの「黒色無双」を全体に吹いてから網の部分の塗料を剥がし、穴の部分を超つや消し状態にすることで穴が開いているような表現をしてみた

ボディ塗装
GT-LMの赤青白のトリコロールに合わせて塗りわけ。デカールはキットのものとGT-LMであまったものを使った
ピュアホワイト(フィニッシャーズ)→MGパール(雲母堂本舗)→マイカブルー(タミヤ)→マイカレッド(タミヤ)→オートクリア(フィニッシャーズ)
製作記まとめ

<感想>
 最新(2020年上期時点)のタミヤキットということで非常に作りやすい良キットでした。特にボディへのパーツ取り付けがとにかくストレス・フリー。パーツの糊代がちゃんと用意されていて、ボディへの接着では普段余り使わない流し込み接着剤が、普通に使えサクサク作業が進みました。
  組みあがったときの車高やキャンバー、タイヤの面一状態など無調整でしっかりとしたたたずまいに仕上がるところは、流石というほかありません。
 念願だったフォードGT-LMとのトリコロール兄弟(?)の写真も撮れて大変満足できる製作でした。

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:1.6秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル

Ford GT – Le Mans 2018 –

<キットデータ>
作品No.:057
Model:Ford GT – Le Mans 2018 – #67
(フォード GT – ル・マン24時間2018年仕様 – 67号車)
Maker:Tamya(Body) & Revel(Chassis )
Scale:1/24
全  長:204mm

<キットについて>
 タミヤのスポーツカーシリーズ・フォードGTとレベルのフォードGT-LMをニコイチで製作しました。
 両方のキットを並べてどちらにしようか悩んでいる最中に、ちょっとした興味本位で両キットのボディのあちこちを比較していたところ、何か合体できるかも・・・というところから始まりました。
 ボディはシャープなタミヤをメインに使用し、シャーシ側はレース仕様の内装はもちろん、エンジンまでしっかり再現されているレベルのキットを使用しました。

<製作について>
主な工作は以下のとおり
-ボディ(タミヤ改造)-
・フロントバンパーはパテを盛って形状変更。補助灯追加
・リア周りはフェンダーを拡幅し、それに合わせバンパーも形状修正。 リアウィング用のステーを取り付ける溝を追加。ノーマルのマフラー の排気口は塞いでディティール追加(たぶんオンボードカメラ)
・ボディのあちこちにあるダクトはレベルのボディから移植したり新造したり
・カウルのファスナーやフェールキャップ、サイドの補助灯など、ボディと面一になる部分をザグリ加工
・ノーマルには無いパネルラインを追加
・ライトは内部を形状修正。ライト自体はレベルから持ってきて、ネイルアート用半球パーツでLEDアレイっぽく表現
・サイドウィンドウは枠のモールドをすべて削り飛ばし再研磨
・リベット類はすべて金属のブラインドリベットをに置き換え
・アンテナ類は洋白線を芯に先端やベースは瞬着を盛って成型

-シャーシ(レベル使用)-
・リアのディフューザーはすべて切り飛ばしてプラ板で作り直し
・タイヤはキットの形状がひどかったのでジャンクから流用
・真後ろから丸見えになる部分にフレームを追加
・内装はカーボン仕上げにし、それらしくパイピング
・シートベルトはエッチングパーツ使用
・安全用のネットはシートベルト用リボンで置き換え。ダッシュボードへの取り付け部も再現
・カーボンと思われる部分は可能な限りカーボンデカール貼り付け
・マフラーは金属パイプで作り直し

-その他-
・スタジオ27のエッチングパーツ(レベル対応)使用
・デカールはシュンコー製2018年仕様を使用
・ボディ塗装
ピュアホワイト(フィニッシャーズ)→マイカブルー(タミヤ)→クランベリーレッドパール(クレオス)→オートクリア(フィニッシャーズ)
製作記まとめ

<感想>
 ほとんど勢いで始めてしまったニコイチ製作。何とか完成させることが出来、自分の中でもかなり満足できるものに仕上がってほっとしました。
  タミヤのボディを使うことが正解ということは無く、レベルのボディも(きちんと手を入れれば)、かっこよく仕上がっている作例をたくさん拝見しているので、今回は完全に自己満足の世界に浸った製作となっています。
 ただ、冷静になって振り返ってみると、消費キット2個、エッチングパーツ、社外デカール、金属リベット、大量のカーボンデカール、等々・・・約一諭吉の投資となってしまいました。(完成したからまだよかった)

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:1.6秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル

MINERVA (CRUSHER JOE)

<キットデータ>
Work No.:056
Model:MINERVA (CRUSHER JOE)
(ミネルバ – クラッシャー・ジョウ)
Maker:HASEGAWA(ハセガワ)
Scale:1/400

<製作について>
主な工作は以下のとおり
・ミネルバ自体は素組みで、塗装を頑張ったw
・付属のファイターは、型抜きの関係で埋まっている部分を掘って整形
・付属のガレオンは・・・これも塗装を頑張ったw
・ファイターの固定支柱を洋白線で作ってミネルバの台座に固定
・船体の塗装
パネルラインに濃いグレー→グランプリホワイト(クレオス)で面を中心に吹きつけ→ホワイトでぼかして仕上げ

<画像加工>
撮影したあと、一部の画像は後加工でファイターの支柱を消したり、黒い背景と影の部分を黒でつぶれるように調整して、それっぽい感じに仕上げてみました。(撮影時に照明を減らしてなるべく背景がテカらないようにすることも大事)