LB-WORKS Lamborghini AVENTADOR -MONSTER ENERGY-

<キットデータ>
作品No.:063
モデル名:LB-WORKS Lamborghini AVENTADOR
(LBワークス・ランボルギーニ・アヴェンタドール)
メーカー:Aoshima+Hobby DESIGN(アオシマ+ホビーデザイン)
スケール:1/24
全  長:203mm

<キットについて>
アオシマのスーパーカーシリーズのランボルギーニ・アヴェンタドールにホビーデザイン(以下HD)のLiberty Walk(以下LB)コンプリートボディキットを組み込んで製作しました。 HDのボディキットにはレジン製オーバーフェンダーや各エアロパーツ、専用ホイール&タイヤ、エッチングパーツ、専用デカールなどなど内容はてんこ盛りです。ウラカンのときと同様に値段はキットの約3倍(汗)

<製作について>
レジン製のパーツをボディに組み込むところから入りますが、今回はフロントのバンパーがそっくりそのまま交換ということで、ちょっとトランスキット的な要素もありました。

主な工作
・キットのバンパーを切り飛ばして、HDのレジンパーツに置き換え
・オーバーフェンダーは先にボディに接着(大きな修正は必要なし)接合面のモールを0.3mmプラ棒で再現
・オーバーフェンダーのリベットのモールドは削り飛ばして、ハイキューパーツのスチールボール0.5mmに置き換え
・足回りのキャンバー角やタイヤのフェンダーへのめり込み具合は、かなり調整が必要だった。
(ウラカンのときのようにローダウンパーツなし。)
・ドアやエンジンフードの開閉機構はキットなりだが、真鍮パイプと洋白線でダンパーを作り接合部に収縮チューブを被せて摺動摩擦で開状態を保持するようにした。
・内装塗装は妄想で塗り分け
・ウィンドウは内側からクリアブルーを塗装してガラスっぽく

ボディの塗装
今回はボディは塗装ではなく全面カーボン仕上げとし、汎用のモンスターエナジーデカールで仕上げました。実車にも存在するデザインです。
①ボディの構成面ごとに方眼タイプのマスキングシートを貼って型取り
②方眼の目に合わせてカーボン目の方向に線を引く。このとき、隣り合う面のカーボン目が90度の関係になるように配置する
③型のマスキングシートを元にカーボンデカールを切り出し
④ひたすら貼り付け
⑤カーボン貼り付け後モンスターエナジーのデカールを貼り付け、HDのキットに付属のデカールもそれらしく貼り付け
カーボン貼り記事
何度かクリアーコートしてデカールの段差を消し、最後にクレオスのGXつや消し(スーパー・スムース・クリアー)で仕上げ、一部のボディパーツはアクセントとしてグロスのブラックとしました。

製作記まとめ

<感想>
今回は、HDのボディキットと全面カーボンデカール仕上げという、かなりボリュームのある製作でしたが、カーボンデカールを一枚貼る度に’ボディがカーボン模様に包まれていく感覚は、なかなか萌えるものがありました(変態ではないw)まあ、「もう一度やれ」と言われたらやりませんが。目の方向の決め方は、今回の製作で得るものがあったので、今後のカーボン貼り工作に生かせそうです。
 アオシマのアヴェンタドールは今回で3台目で、使用したのは再販された一番最初のキット。ちょっとドアのチリとかが微妙だったりしました。ヒンジの機構も初期のまま。50thアニバルサリオは型変更されて改善されていたので、再販時に反映してくれてれば、もうちょっと楽だったかもしれないです。(言うのは簡単)

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09,タムロン17-50mm f2.8 A16
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:1.3~1.6秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル

Lamborghini HURACAN Performante

<キットデータ>
作品No.:051
モデル名:Lamborghini HURACAN Perforante
(ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ)
メーカー:Aoshima(アオシマ)
スケール:1/24
全  長:187mm

<キットについて>
 アオシマのスーパーカーシリーズのランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテです。ノーマルウラカンのキットに専用のフロントノーズやウイング、リアディフィーザー、専用ホイールなどが追加された内容となっています。

<製作について>
主な工作は以下のとおり
・純正エッチングパーツ使用
・車高やキャンバー角などを微調整
・内装のシートの六角形模様を塗装で再現(六角のエッチングメッシュを利用)
・外装や内装に使われているフォージドコンポジットの部分を塗装で再現(ブラックの上からスポンジでシルバーを押し付け)
・ウィンドウは内側からクリアブルーを塗装してガラスっぽく
・ボディの塗装
蛍光グリーン(クレオス)→MGパール(雲母堂本舗)→オートクリア(フィニッシャーズ)
製作記まとめ

<感想>
 今回は、ほぼキットなりの製作となりましたが、 塗装での表現にこだわってみました。フォージドコンポジットの部分は、意外と簡単に出来て、それでいて本物っぽくなったかなと思います。シートの六角模様は再考の余地ありですが、チラッと見えるぐらいであれば上等かなと。
前作のウラカンLBWKとツーショット写真を撮りましたが、並べると車高の違いが際立ちますw

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:1.6秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル

LB PERFORMANCE Lamborghini HURACAN

<キットデータ>
作品No.:050
モデル名:Lamborghini HURACAN+LB PERFORMANCE Kit
(ランボルギーニ・ウラカン+Liberty Walk パフォーマンスキット)
メーカー:Aoshima+Hobby DESIGN(アオシマ+ホビーデザイン)
スケール:1/24
全  長:190mm

<キットについて>
アオシマのスーパーカーシリーズのランボルギーニ・ウラカンです。今回はこちらにホビーデザイン(以下HD)のLiberty Walk(以下LB)パフォーマンスのコンバージョンキットを組み込んで製作しました。 コンバージョンキットにはレジン製オーバーフェンダーや各エアロパーツ、専用ホイール&タイヤ、ローダウンパーツ、エッチングパーツ、専用デカールなどなど内容はてんこ盛り。その分お値段も中々のものでしたが・・・(汗)

<製作について>
レジンパーツを組み込むということで多少いつもと違った工作となりました。とはいえレジンパーツの下処理さえ済めばあとはいつも通り。

主な工作は以下のとおり
・オーバーフェンダーは先にボディに接着(大きな修正は必要なし)
・オーバーフェンダーのリベットのモールドは削り飛ばして、ハイキューパーツのスチールボール0.5mmに置き換え
・LBのエアロパーツはカーボンデカール仕上げ
・足回りのキャンバー角やタイヤのフェンダーへのめり込み具合は、かなり調整が必要だった
・ボディの塗装はLBのマルティーニカラーアヴェンタドールを参考にし、ストライプはすべて塗装で再現。マルティーニのデカールはビラージュデカールの マルティーニ 汎用デカール
・内装塗装は上記車両を参考になんとなく想像で塗り分け
・タイヤのロゴは、付属のステンシルを使用
・ウィンドウは内側からクリアブルーを塗装してガラスっぽく

<感想>
今回は、大枚を叩いて初めてHD社のコンバージョンキットを組み込んでみましたが、中々内容が盛りだくさんで、組み立てには多少調整が必要でしたが、完成したらものすごくカッコイイ一台が出来上がったので非常に満足しております。エッチングも充実していたので、純正のエッチングパーツセットは、マフラーカッターとエンブレム、メタルインレットしか使いませんでした。

塗装については、久々にストライプ塗りわけを実施しましたが、何とかうまくいって、マスキングを剥がした直後はニヤニヤが止まりませんでしたw でも、かなり頑張っちゃったのでしばらくおなかいっぱいです。

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:1.6秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル