Ford GT-MARTINI

 
Google Photos Refresh Token invalid. Please authenticate from Photonic → Authentication.
Error encountered during authentication:
{
  "error": "invalid_grant",
  "error_description": "Bad Request"
}
See here for documentation.

<キットデータ>
作品No.:065
モデル名:FORD GT -MARTINI-
(フォードGT -マルティニ-)
メーカー:TAMIYA(タミヤ)
スケール:1/24
全長x全幅x全高:200x94x46mm

<製作について>
タミヤの1/24 フォードGTなんだかんだで3台目です。(1台はニコイチだったけど)
今回はホビーデザイン(以下HD)のエッチングパーツを使用し、更にドアの開閉加工も施行してみました。
ドアの分割からの作業は今回が始めてで予想通り大変な難工事となりました。

主な工作
・リアウイングを昇降と角度調整できるように加工
・ホイールをアオシマのウラカン・ペルフォルマンテ用に換装。それに伴い、車高やキャンバーを微調整
・ドアを分割する前に、洋白線やプラ棒でピラーの補強
・ドアを分割し、ドアの内張り以外の足らない部分をプラ板・プラ棒で製作
・ドアのヒンジやダンパーは洋白線と真鍮パイプで製作。プラリペアでがっちり固定
・ダンパーの結合部に収縮チューブを被せて摺動抵抗で開状態を保持しようとしたが、ドアの重みに耐え切れず撃沈。収納式のつっかえ棒で何とかしのいだ
・サイド・ウィンドウは、キットのパーツは窓枠と一体成型のため使えないので塩ビ板をヒートプレスして製作。窓枠はパーツから切り放してドアのパーツに移植
・メッシュ類はHDのエッチングを使用。一部はキットのパーツを加工して交換
・シートベルトを2mm幅リボンとHDのエッチングパーツに置き換え
・ボディから内装まで、カーボンデカール(バルケッタ製3S、2S)を貼りまくり

ボディの塗装
今回は、実車のカスタムで存在するマルティニカラーのフォードGTの画像をネットで見つけて「一目ぼれ」だったのでそれを再現してみました。マルティニのトレードマークはデカールですが、ストライプは塗装で再現しました。
ベース色:スーパーシェルホワイト(フィニッシャーズ)
ストライプ、赤:マイカレッド(タミヤ)、青:マイカブルー(タミヤ)、水色:ガルフブルー+MGパール
クリアー:オートクリア(フィニッシャーズ)

製作記まとめ

<感想>
今回で3台目ですが、1台目はテストショット組み立て体験会で入手したキットをディティールアップ等は一切せずに2週間の突貫製作で作ったもの。2台目はレベルのGTEのキットのシャーシ側とのニコイチ製作。今回は「3度目の正直」ということで、ディティールアップパーツを使用し、ドア開閉加工も施して、塗装も凝りまくって、徹底的にいじり倒しました。すっげー大変だったけど、大変楽しめました。4台目?うーん・・・カラーリングで楽しめるのでまた何年かしたら作るかも?

<撮影データ>
カメラ:Nikon D7500
レンズ:タムロン28-75mm f 2.8 A09
撮影モード:マニュアル(シャッタースピード:1.3秒、絞り:f 32)
ISO:100、WB:マニュアル、ピクチャーコントロール:マニュアル

「Ford GT-MARTINI」への2件のフィードバック

  1. 14日 SHSで作品を見せて頂きました。
    ドア開閉のヒンジ、リアウイングは繊細で美しい仕上がりで、感動しました。

    1. コメントありがとうございます。
      またホビーショー会場でお声かけいただき嬉しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です